アンテナ工事ってどんな作業?費用は?

アンテナ工事って何?テレビを快適に見られるまでの流れをご紹介

アンテナ工事が必要なのはどんなとき?

「テレビの電波を受信するためのアンテナを取り付ける」といわれても、実際の工事の内容がどのようなものなのかまでは明確には頭に浮かんできませんよね。 「テレビアンテナをつけよう」と考えてから、アンテナ工事が終了するまでの一連の流れについてまとめました。

テレビアンテナの種類

テレビの電波を受信するための設備であるテレビアンテナですが、さまざま種類があり、それぞれ機能や設置場所への適応などに違いがあります。 どのようなものがあるのか、有名なものをまとめました。 より適したアンテナを選ぶために、それぞれのアンテナの強みを知っておきましょう。

アンテナ工事の費用

アンテナ工事には、アンテナの本体代、電気工事費用、場合によってはブースターやBS/CSアンテナなどの追加設備の費用がかかります。 どのくらいの費用がかかるのか、気になるところだと思います。 工事費用については業者によってはさまざまですが、一般的な金額を調べました。

アンテナ工事の流れ

「アンテナ工事」という言葉を聞いたことはあるでしょうか。
一度工事を依頼したことがある、という方はご存じだと思いますが、そうでない方にとっては聞き慣れない言葉ですよね。

アンテナ工事とは、テレビ番組の電波を受信するためのアンテナに関する電気工事を指します。
私たちがテレビ番組を視聴するためには、その番組の電波を受信しなければなりません。
そのために必要なのが、アンテナやケーブルなどの設備です。
電波塔から建物にケーブルを繋いで電波を受信し、定額の利用料を支払う「ケーブルテレビ」を選択しない限り、ほとんどの方がアンテナを使って電波を受信されると思います。
アンテナでの電波受信を選択すると、設備が故障しない限りは定額料金なしでテレビを視聴することができます。
ただし、アンテナがついていない場合などはアンテナ工事が必要になり、その際にはアンテナ機器本体代と電気工事代が初期費用としてかかります。

たとえば、新築一戸建てを建てたとき、あらかじめハウスメーカーが手配してくれていれば別ですが、そうでなければ自分でアンテナ工事を業者に依頼しなければなりません。
その際、工事の値段と質に納得のいく業者を探し、さまざまな種類のアンテナの中から最も自宅に合ったものを選ぶ必要があります。
また、すでにアンテナがついている建物でも、故障してしまったり、設備が古くて映像が劣っていたりすると、アンテナの修理や交換工事が必要になります。
アンテナ工事について、このサイトで確認していきましょう。