アンテナ工事って何?テレビを快適に見られるまでの流れをご紹介

>

アンテナ工事が必要なのはどんなとき?

アンテナ工事にとりかかるまで

家を建てたとき、新居でテレビを見るためにはアンテナを取り付ける工事が必要になります。
まずは、値段や工事内容、評判などを調べて業者を選別し、連絡をとって、現地調査の後に見積もりを出してもらうのが一般的です。

現地調査では、設置場所での電波の受信レベルを測定したり、どのアンテナがどこに設置できるのか建物を見て判断したりします。
「アンテナを目立たなくしたい」「全ての部屋で高品質の映像を見たい」という要望があれば、このときに相談してみるといいと思います。
業者によっては、見積もりまでは無料というところもありますが、電波測定に料金がかかる業者もありますので、確認しておきましょう。

アンテナの種類や設置場所、見積もり金額などに納得したら、工事日程を決めて契約をし、工事にとりかかります。

アンテナ工事の内容

契約をしたら、いよいよアンテナを取り付ける作業に入ります。
アンテナ工事の内容は、一言で言ってしまえば「アンテナを取り付ける作業」なのですが、実際にはとりつけるアンテナの種類や、建物のどこに取り付けるか、建物がある土地の電波の受信レベルなどによって変わってきます。

基本的には、アンテナを組み立てて建物に固定し、BS/CSなどのオプションのアンテナをつける場合は追加します。
電波が悪い場所なら「ブースター」と呼ばれる電波を増幅する機械をつけて調整します。

設置後にはテレビの視聴ができるか確認しますが、電波が弱い場合にはブースターでの調整や設置場所の変更、アンテナの交換を行います。
工事の所要時間としては、2、3時間程度のところが多いですが、電波の入りが悪かったり、工事当日の天候が悪かったりすると長引くことがあるようです。



この記事をシェアする