アンテナ工事って何?テレビを快適に見られるまでの流れをご紹介

>

テレビアンテナの種類

デザインや強度に特化したアンテナ

テレビアンテナと言えば、「八木式アンテナ」が有名です。
八木式アンテナは、地上デジタル放送を受信するアンテナで、魚の中骨のような形の「素子」を使って電波を調整します。
屋根などの高い部分に設置するため電波の受信感度が高く、軽量で雨風に強いのが特徴ですが、その分目立ち、建物の見た目を損なうこともあります。
対策として、屋根裏などに設置して見えなくするという手もありますが、この場合は電波の受信レベルが下がってしまうため、調整が必要です。

電波の受信感度と外観に配慮したアンテナに「デザインアンテナ」というものがあります。
薄いボックス形のアンテナで、八木式アンテナよりは電波の受信感度は落ちますが、見た目がすっきりしているのが特徴です。
外壁に合わせて色を選ぶこともできるようです。

オプションのアンテナ

テレビのアンテナと聞いて、薄いお皿のような形の受信機器を思い浮かべるかたも多いのではないのでしょうか。
このような形のアンテナは、より多くの種類の放送を受信するために用いられます。

代表的なものがBS/CSアンテナです。
これは、人工衛星から電波を受信するためのアンテナで、人工衛星のある南南西の方向へ向けて設置されます。
このアンテナがあればNHKやBS放送などからの無料番組をはじめ、有料放送の番組も購入して視聴することができます。

また、似たような形でBS/CS放送はもちろん、4K/8K放送も視聴できるのが4K/8Kアンテナです。
一般的にBS/CSアンテナより高額ですが、より高品質のたくさんの種類の番組を見たいという方におすすめです。


この記事をシェアする