アンテナ工事って何?テレビを快適に見られるまでの流れをご紹介

>

アンテナ工事の費用

かならず必要!アンテナ代と工事代金

どのような状況でも必須なのが、アンテナ機器の本体代とアンテナ設置の工事作業代です。

アンテナにはさまざまな種類があり、上を見れば5万円を超えるものもあるようですが、一般的なご家庭で地上デジタル放送を見る分にはそこまで高額なアンテナを選ぶ必要はないと思います。
数千円の屋外用八木式アンテナや、1万円程度のデザインアンテナなどが一般的です。

工事代金ですが、アンテナ本体代も含めて価格設定をしているところが多いようです。
安いところでも八木式アンテナの設置代金が1万5千円から2万円、デザインアンテナだと2万円から3万円のところが多いようです。
ですが、ここに加えて、ブースターやBS/CSアンテナなどの追加工事をする際や、特殊な建物や高所での設置が必要な場合はその分の料金が発生します。

追加料金も考慮する

より多くの放送を視聴するためのアンテナを追加する場合、BS/CSアンテナや4K/8Kアンテナが必要になります。
この場合、本体代が数千円から1万円、工事代とまとめて1万5千円から2万円ほど追加でかかるようです。

また、電波状況が悪い場合に必要なブースターですが、こちらが必要な場合は追加で2万から3万円かかることもあるようです。

加えて、移動にかかる出張代や、高所や特殊な事例では追加作業代を請求されることもあります。

最低価格で見積もってしまうと、いざアンテナを設置して追加調整が必要となったときに、大幅に予算オーバーをしてしまうことも考えられます。
信頼できる業者に頼み、しっかりと現地調査をしてもらった上で、予算は多めに見ておきましょう。


この記事をシェアする